2015年11月05日

税理士試験に使用できる計算機

国税庁HPより

計算機は、次の4つの条件の全てに該当する場合にのみ使用が認められます。

1.乾電池や、太陽電池で作動する電源内蔵式のものであること。試験場では、コンセントは使用できません。

2.演算機能のみを有するものであること。紙に記録する機能、音が出る機能、計算過程を遡って確認できる機能、プログラムの入力機能があるものは、その機能の使用のみならず、計算機全体が使用できません。(消費税の税込み、税抜き機能のみを有する電卓は使用可)

※ 「計算過程を遡って確認できる機能」とは、例えば、本人が入力した計算式や計算過程を記憶し、遡って画面上で計算式や計算過程を確認できる機能をいい、計算結果(答)のみを確認する機能(アンサーチェック(検算)機能(1回前の計算結果と答えを自動的に照合できる機能))はこれに該当しません。

シャープ社製「アンサーチェック機能」、カシオ社製「検算機能」はOK


3.数値を表示する部分がおおむね水平であるもの。表示窓が極端に横に倒れるものなどは使用できません。

4.外形寸法がおおむね26センチメ−トル×18センチメ−トルを超えないものであること。つまり、おおむねB5判の紙からはみ出ない大きさの計算機を使用してください。

posted by モンキV at 18:12| 電卓選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。